部屋探しに最適な時期は?

あの時は、家探しに苦労したなぁ

大阪に来て30年、何回か引越ししましたが、あの時程家探しに苦労した経験はありません。それもその筈、阪神・淡路大震災の後、賃貸物件の需要がピークの時に探そうとしたのですから、今思うと無理もありません。

 

大震災が発生したのが1月、私が賃貸物件をさがそうとしたのが2月ですから当たり前なのですが、その時は、どうしても住んでいた家から引越しする事情が生じてしまったので、引越し先を探さざるを得なかったのです。
梅田のホテルの社員食堂で働く妻、大学生の長男、高校を中退し、アルバイト中の次男、隣町の私学の女子高に入学が決まった長女、それにその時住んでいた町の会社に勤務していた私、それに猫が1匹の家族構成で、みんなの通勤、通学のことを考えると、近隣に引越しするのがベストなので、まず近所の不動産屋を尋ねました。

 

家族構成と条件を伝えて物件を探してもらいましたが、近隣には全くありません。大震災で被災され、住むところの無くなった方が来ているのと、神戸・西宮方面に予定していた人達がこっちの方にどんどん来ていて、物件が全くなく、一つ出れば直ぐ借り手がつく状態、むしろキャンセル待ちみたいなものだと言うのです。
何件か他の不動産屋を回って見ましたが、全く同じ状態で、何とかなるだろうと甘い考えていた私は、途方にくれてしまいました。

 

しかし、どうしても見つけないt引越しが出来ないので、範囲を広げて必死に探しました。20件目に回った不動産屋が、ご希望の地域はほとんど無いし、
今後も中々出ないだろうが、大阪市内でよければ1件あるというのです。見に行きませんかとのことなので、早速案内してもらいました。

 

 

その物件は、大阪のオフィス街の中にあって、大きい通りに面し、目の前にバス停、最寄も地下鉄の駅まで徒歩5〜6分で、大阪の玄関口大阪駅まで交通機関を利用すると10数分、徒歩でも20分程度と実に便利なところにありました。問題は、建っている場所がお寺の隣、大通りなので騒音がうるさい、

 

私の車のパーキング代が高いとありますが、ここを逃すとあと無いような気がし、その日に手付金を支払って仮契約をし、後日正式な契約をし、引越し値引きサイトで料金相場を把握し、引越ししました。

 

その後、パーキング代も手ごろな場所をみつけました。お寺の隣も、大通りの騒音も慣れてしまえば気にならないものです。
あの時は、相当難儀しましたが、よくあの物件が残っていたものとつくづく思いました。

 

それから時が経ち、住宅を建設しました。
私が注文住宅を建てた後に、失敗したと思ったことがあります。
その一つに間取りがありました。

 

間取りについては、特に玄関の面積を多くとったことが、失敗だったと思っています。
玄関を広く開放的な感じにしたいと思っていたので、そこにこだわりがありました。
しかし、あまりにもこだわりすぎてしまい、玄関が広く、リビングが狭くなってしまったのです。
事前に情報は調べてはいました。家を建てるなら1000万円は必要(参考サイト)とのことでした。

 

子供が小さい時に注文住宅として建てたので、そのことには気付かなかったのですが、リビングを広く取らないと、子供が大きくなった時に、とても狭く感じてしまいます。
そのことまで頭の中で考えていなかったので、リビングが狭くなったことは、失敗であったと感じています。

 

その子供が小さい時と言うのは、間取りに大きく関係しています。
そのようなことも含めて、家つくりは3回しないと満足する家を建てることができないと、聞いたことがありますが、ほんとううにそのように感じているのです。
しかし、実際にはそのような予算があるわけではないので、その家を作る時点で、もう少しそのような後のことも、考慮して作るべきであったと反省をしています。
リビングと、ほかのところについても狭く感じているので、余りにも広い玄関は、邪魔と思うようになっています。

page top